めだかの飼育 > めだかの飼育



ひさびさの書き込み。。。めだかの飼育ヽ(б。б ) ノ


ここ最近仕、事が忙しくめだかを眺める事から離れていて、めだかの飼育から遠ざかっていました、もちろん飼育はやっていましたが。。。妻が。。。
実は先月、めだかの飼育、観察再開の為、天然のめだかを生け捕りに行きました!。。。当たり前だが、4匹ゲットです!!
もともと夏は川に遊びに出かける事が多く、モモちゃん(うちのラブ犬
)も川大好きなので、一緒にあゆツキに行ったりします。ももと同じく川大好き少年?青年?おじさん?なのです!夜もふけて川遊びで冷えた体を焚き火で温めながらビールを飲む。。。最高(ノlllll;´□)ノ
それは良いとして、めだかの飼育のブログを書くまでは川に行ってもめだかに目もくれなかったなー
まあ とりあえず今はめだかファミリーも増え、最近は仲良くやってるみたいです。
あーそうそう、ここのめだかの飼育では、ごくごく簡単にしか説明しておらず、まずは身近に感じていただく為で、詳しく知りたい方などはリンクのページよりいろいろ見てくださいね!私のお勧めサイトです。

それではまた。。。

めだかの飼育(まとめ)


なぜ、めだかの飼育を取り上げたかというと
別に 金魚の飼育でも、熱帯魚の飼育でも、いいのですが
私が勧めるのは断然『めだかの飼育』ですね。

難しかったり、面倒だったり、高いお金出して、生き物買って、水槽等の設備を揃える。手と時間とお金をかけて育てていくには、中途半端では
出来ないのです。
結局、魚の為に自分を犠牲にしてしまっても何もなりません。

そこにいくと、めだかの飼育は、リラックスして気軽に、自分自身が
楽しめるのです。

わざわざ本を買う必要もありませんね!

ということで、めだかの飼育の新しい一面を見れたでしょうか?
これで少しでもめだかの飼育に興味をもち、飼っていただける方
が増えれば嬉しく思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

めだかの飼育(楽しみ)


めだかの飼育の仕方は前に書きましたが
ただ、めだかの飼育をするのでは、めだかが喜ぶだけです。
飼ってる本人が楽しめないと意味がありませんよね?
そこで、私のみつけた、めだかの飼育の楽しみ方を
教えます。

1、めだかを見る。 
これは当たり前ですが、よく観察すると、これまた癒されます。
ほんとにかわいく、一生懸命生きてるのが分かります。

2、産卵
めだかの飼育で一番私が好きなのは、産卵、卵を観察します。
卵は水草の根っこに産み付けるため、ないと産めません。

その卵の中をじっと見ていると、うっすらと二つ黒い目が見えるのです。
結構感動、可愛いです。

めだかの飼育での楽しみは、私からしたら、たった二つですが
それで十分で、ちょうどいいと思います

その当たり前さが、サラリーマンには丁度いいのです。

めだかの飼育(方法)


めだかの飼育方法を簡単に教えます。

めだかの飼育をできますか?と聞かれた時
できる!と即答できる人は少ないかもしれない。
どうしてかというと、『めだかの飼育の仕方』みたいな本をわざわざ買う人も少ないからです。
確かになんとなくでも、飼えてしまいますよね。
このサイトで、あーめだかの飼育はこれでいいんだ!
と、自信をもっていただけたら幸いです。

、めだかを入れる容器を用意する。簡単なものでOK

、水草を入れる。川で採ってきてもOK 買って200円

、『めだかのえさ』を買う。
  以上で、終わりです。
どうです? めだかの飼育って簡単でしょ?
しかも水変えも1〜2ヶ月に1回
エサも1日1回、親指とひとさし指の先同士でつまむ程度でよく、4,5日あげなくても死ぬことはありません。 もちろん数にもよる
 
 手がかからない=飼育を持続できる

これが、めだかの飼育の良いところと言えるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。